head01.jpghead02_130317.pnghead02_130317.png

menu_0101.pngmenu_0101.pngmenu_0201.pngmenu_0201.pngmenu_0301.pngmenu_0301.pngmenu_0401.pngmenu_0401.pngmenu_0501.pngmenu_0501.pngmenu_0601.pngmenu_0601.png

shadow.png

tittle_2012_01.png

bbar01_120216.png

本当にそれで自分の土地が守れているのでしょうか?

自分が使っているところまで」ではお隣さんとの認識と違うことも多々あります。
権利証には図面がないためどこが境界か書いてありません。
法務局に図面がない場合もありますし、
あっても古すぎて現地のどこかわからない場合もあります。

境界トラブルはある日突然起こります。

境界トラブルが一度起こると隣人同士安心して暮らすことができなくなります。
不動産は高価なものなのですから自らの手できちんと管理しましょう。
そのためには早めの境界確認をお勧めします。

hyou_03_120216.png

まずは境界のプロである土地家屋調査士に相談することが
スムーズに境界確認ができるポイントです。
適正な処理を行い境界確認をすることによって
大きな境界トラブルが防げるのです。

side_00.pngside_00.pngside_01.pngside_01.pngside_02.pngside_02.pngside_03.pngside_03.pngside_04.pngside_04.pngside_05.pngside_05.pngside_06.pngside_06.pngside_07.pngside_07.png

ask_130317.pngask_130317.png