相談は30分無料 受付時間 9:00~18:00

075-744-1775

境界立会いについて境界トラブルが起きた場合、どのようにすればいいですか?

質問

境界立会いについて境界トラブルが起きた場合、どのように行動すればよいか教えてください。

回答

境界トラブルが一度発生すると、正しい境界の知識がないもの同士では感情論になりやすいです。さまざまな資料、土地の歴史、町の歴史、境界線の特性を理解している土地家屋調査士に相談することをおすすめします。

①隣地の方の言い訳を良く聞きましょう

お隣の主張する境界線は資料に基づいたものか、合理性があるものか、まずはお話を聞きましょう。その場でお隣の意見について反論するのではなく、まずは持ち帰って検討する時間をとりましょう。

②資料があるのなら、出してもらいましょう

お隣の主張の根拠となる資料をいただき検討することが必要です。

③自分の意見の根拠とお隣の意見の根拠を比較検討しましょう

さまざまな資料、構造物、土地の高低差、利用状況、分合筆の経緯などからどちらに合理性があるか考えましょう。わからなければ土地家屋調査士に相談をしてください。

④合理的な理由をもって自分の意見を言いましょう。

もっとも境界トラブルになりやすいのは、「親から聞いている」「不動産屋さんがそう言っていた」など聞き伝えによるものでその裏付けがない場合です。専門家の意見を取り入れきちんと相手に伝えましょう。

ご相談は当事務所にお任せください

  • お客様の声を大切にします
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 解決事例
  • ご相談から解決までの流れ
PAGETOP