head01.jpghead02_130317.pnghead02_130317.png

menu_0101.pngmenu_0101.pngmenu_0201.pngmenu_0201.pngmenu_0301.pngmenu_0301.pngmenu_0401.pngmenu_0401.pngmenu_0501.pngmenu_0501.pngmenu_0601.pngmenu_0601.png

shadow.png

works_120218.png

bar05.png

tag_w1_2_120217.pngtag_w1_2_120217.pngtag_w2_1_120217.pngtag_w3_2_120217.pngtag_w3_2_120217.png

銀行からお金を借りる際に建物の面積が登記記録と違うと言われたのですが。

tochi_06.png
銀行は建物の現況と登記記録を一致させなければ融資してくれません。

現況と登記記録の不一致を調査し、法務局に届出をします。






bar_00.png

新築はしたけど登記をしていない。

tochi_07.png
新築の登記をしないとあなたの所有権は守られません。

建物の測量を行い法務局へ登記申請をします。






bar_00.png

建物を取り壊しました。

tochi_08.png
手元にある建物の権利証は意味をなさなくなります。法務局にて登記記録を抹消することにより固定資産税の課税対象からはずせます。また建物をとりこわし更地にした時こそ、はっきり境界付近の状態がみえるため境界を確認するチャンスです。

現地調査を行い、登記記録を抜く届出を行います。また境界確認を行い越境がないか、面積はどれくらいあるかを明らかにし、今後のトラブルを防ぎます。

side_00.pngside_00.pngside_01.pngside_01.pngside_02.pngside_02.pngside_03.pngside_03.pngside_04.pngside_04.pngside_05.pngside_05.pngside_06.pngside_06.pngside_07.pngside_07.png

ask_130317.pngask_130317.png