相談は30分無料 受付時間 9:00~18:00

075-744-1775

プロフィール

境界職人 齋藤 大輔の生い立ち

長野県松本市に1975年9月に生まれましたが、母親のお腹の中でへその緒が首に巻きついたかなにかで呼吸ができずミイラ状態になって生まれてきました。医者には障害が残ると言われましたが現在なんともなく健康に生活をしています。

高校生まで名古屋で生活していました。好奇心旺盛でなんにでもチャレンジし、小中学校では生徒会長をつとめリーダー的存在でした。小学校からはじめた剣道は現在も細々と続けております。

大学受験で京都大学を受けるも落ち、浪人して再度チャレンジ。しかしながら結局落ちてしまいました。父親はもう一浪しろと言っていたのですが、人生初の家出をし、1週間ほど行方をくらませて受かっていた同志社大学の近くに下宿を借りて大学へ入学。大学では法律の勉強もそこそこに、自転車に乗って全国を旅していました。そのときの経験は今の思考の基礎となっていると思います。

大学時代のアルバイトが土地家屋調査士の補助でしたので、もともと数学が大好きな私は大学で学んだ法律も使えて数学も使える土地家屋調査士に魅力を感じ受験することに。1日14時間以上勉強をして無事合格することができました。合格後すぐに入所した事務所は境界紛争の解決事件など変わった事件が多く、私の経験値を高めてくれました。

現在では剣道のほかにインラインホッケー、冬山登山をしてスノーボードをするバックカントリーを趣味としてやっています。特にバックカントリーは危険なため日ごろから救急手当ての訓練や、ロープワーク、懸垂下降などを訓練しています。

そして2010年1月より独立しました。日々出会う人々に恵まれ、株式会社後継者の軍師とも縁を持つことができ、順調に経営しています。現在では境界紛争解決を中心に業務を行っていますが、今一層境界問題に悩まれている人たちの手助けになることと後継者の軍師で学んだノウハウを持って全国の中小企業の不動産の適正化を図り、経営改善に役立ちたいと考えています。

所有資格

●土地家屋調査士
●ADR手続代理認定調査士
●後継者の軍師 認定コンサルタント

得意分野

●境界紛争解決
●中小企業における不動産財務戦略

ご相談は当事務所にお任せください

  • お客様の声を大切にします
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 解決事例
  • ご相談から解決までの流れ
PAGETOP