相談は30分無料 受付時間 9:00~18:00

075-744-1775

境界立会いを求められましたが、どのように行動すればよいですか?

質問.

境界立会いを求められましたが、どのように行動すればよいか教えてください。

回答.

①自分の意見をはっきり言いましょう

自分が思っていることをまずははっきり言ってください。もしわからなければわからないと言ってください。自分の意思をはっきりさせることで相手も動きやすくなります。

②お隣の方の意見を良く聞きましょう

自分が思っていることと、お隣が思っていることが一致するのであれば「私もそう思います」と言って頂けるでしょう。しかし、意見が異なれば「違うと思いますが・・・」と言いにくそうにおっしゃることでしょう。ただ、なぜ違うのかその理由に耳を傾けてください。自分の境界に対する認識は思い込みではないか、資料に基づくものなのか、冷静になって考える必要があります。

③資料があるのなら、出してもらいましょう

食い違うお隣の意見の根拠となる資料を出してもらいましょう。こちらからも資料があるのなら出しましょう。その上で検討する必要があります。
ただし、図面に記載された境界線が現地のどこなのかわからないかもしれません。その場合は土地家屋調査士に相談してください。

④境界の確認ができたら境界標の埋設をしましょう

境界線は目に見えないものです。その目に見えない線を見えるようにしているのがプレートやコンクリート杭などの境界標です。後に争わないためにも是非埋設するようにしましょう。

⑤境界確認書を作成しましょう

境界確認書は万が一境界標がなくなった場合、復元をするための資料です。お互いに交し合うことがもっとも境界争いがなくなるポイントです。

ご相談は当事務所にお任せください

  • お客様の声を大切にします
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 解決事例
  • ご相談から解決までの流れ
PAGETOP