相談は30分無料 受付時間 9:00~18:00

075-744-1775

立会をしたが自分の認識と違う。

相談内容

隣接者から立会い依頼を受け、立会いをしたが自分の認識とお隣の認識が異なる。どうすればよいか。

当相談室の提案

話を聞いたところ回答をあいまいにして立会いを終えたということであったため、このような場合は違うなら違うとはっきり主張をしたほうがいいと伝えました。その上でお隣の土地家屋調査士が説明をされるならその主張の根拠を聞いて対応を考えてみてはいかがでしょうか。

結果

違うと思うとお隣にお話したところ、やはり土地家屋調査士さんが古い地積測量図をもとに説明があったということでした。そこでその図面の見方をゆっくり説明したところ、隣の土地家屋調査士さんの言うことを納得していただくことができました。

ご相談は当事務所にお任せください

  • お客様の声を大切にします
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 解決事例
  • ご相談から解決までの流れ
PAGETOP