相談は30分無料 受付時間 9:00~18:00

075-744-1775

越境に関する書類にアドバイスが欲しい

相談内容

隣接地の方が持ってきた境界確認の書類と越境物に関する合意書の内容についてその判断を仰ぎたい。

当相談室の提案

境界確認書は今後境界トラブルが生じないように高度な復元性を持たせたものがよいため、境界点座標のほか、機械を置くトラバース点の座標が入った図面がよいです。越境の合意書は①現状保持の確認、②越境が解消される場合の事象、その後の対応、③第三者への効力波及が書かれているものが一般的ですので、その内容について確認をいたします。

結果

土地家屋調査士ごとに考え方が異なるため、図面に座標が入っていませんでした。そのため相手方の土地家屋調査士に言って座標をもらっていただきました。越境に関する合意文書は一般的なものであり問題はないことを説明したところ、安心していただきました。

ご相談は当事務所にお任せください

  • お客様の声を大切にします
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 解決事例
  • ご相談から解決までの流れ
PAGETOP